採用情報

社員インタビュー

MVM 商事の第一線で活躍している先輩を ご紹介します。

海外の生産現場から身近な食卓へ「おいしさ」を届ける
「食」の橋渡し役として、責任とやりがいを感じる日々。

ブルーベリーとイチゴの輸入販売に携わっています。定期的に海外の生産者を訪ね、生育状況や海外市場の動向を把握しながら、仕入れたブルーベリーやイチゴを国内のスーパーなどへ卸しています。フルーツには流行があるため、頻繁にスーパーの店頭に通って消費者のニーズをヒアリングして、海外の広大な市場の中から「おいしい」と言ってもらえるようなフルーツを開拓しています。

写真

やりがい

海外仕入れ先の開拓から国内流通ルートとの交渉まで、幅広く任せてもらえることに、とてもやりがいを感じます。海外市場は、常に競争です。中国などの巨大な市場に美味しいフルーツを奪われないように、生産者との信頼関係を構築すること。そして為替や気候変動などの不確定要因をヘッジすること。市場相場の上下に翻弄されないように、国内のスーパーなど幅広い流通との関係を構築すること。海外と国内の両方へ自分なりの戦略やポリシーをもって仕事を行えることに、やりがいを一番感じますね。

仕事で心がけていること。

その年の天候に大きく左右されるビジネスです。自分ではどうしようもないことですが、だからと言って諦めることは、絶対にしないようにしています。ブルーベリーが不作の年があったのですが、その時に助けてもらったのは、人脈でした。他の生産地を紹介していただき、仕入れ量を確保することができたのです。海外であっても、大切なのは信頼関係です。だから海外でも国内でも、可能な限り多くの人と会うようにしています。インターネットがどんなに発達しても、大切な情報はフェイスtoフェイスでしか得られないので、丁寧に人と会うことを一番心がけています。

ある日のスケジュール

8:00出社 9:00事務処理 10:00事務処理/受注 11:00本社搬入分の検品 12:00休憩 13:00荷捌き 14:00商談 15:00商談 16:00検品→空港へ 17:00検品 18:00退社8:00出社 9:00事務処理 10:00事務処理/受注 11:00本社搬入分の検品 12:00休憩 13:00荷捌き 14:00商談 15:00商談 16:00検品→空港へ 17:00検品 18:00退社

プロフィール

深井 邦比古さん
営業第1部 2012年入社

求職者へのメッセージ

海外と国内ともに出張の多い仕事です。そこで一番気をつけているのは、日々の体調管理です。言い換えるなら、自己管理です。もちろん風邪をひくことも、仕事の打ち上げで飲み過ぎてしまうこともあるのですが、クオリティの高い仕事をするために、事前に自分でできることをきっちりと行うこと。それは、学生の時のアルバイトでも同じだと思います。
我が社での仕事は任される業務範囲が広い分、時間も仕事内容も自分で創りだすことができる立場です。だから怠けていると、直接的に仕事のクオリティーに跳ね返ってきますし、全ては自分の責任です。だからこそ、自己管理が大切だと思っています。休日は家にこもらず、気分転換にスポーツしたりバカンスに出かけてリフレッシュすることも、安定したメンタリティーを保つ上での大切な自己管理。体調が悪いと、休日も遊べませんからね。我が社に入社したら、よく学び、よく遊び、それを仕事のモチベーションにつなげていく。その循環ができる人になってほしいです。